レーザー脱毛はカラダに害はある?

基本的には体に害はない

レーザー脱毛は、医療用レーザーを照射することによって、メラニン色素に反応させて熱で毛根にダメージを与えて破壊し、脱毛していくという方法です。 基本的にレーザー脱毛は体に害はなく、皮膚がんなどの病気の原因になってしまうということは無い方法と言えます。ただし、皮膚がんの心配や、血管・内臓への影響はありませんが、施術によっては皮膚トラブルが起こる可能性があります。 レーザー脱毛は医療機関で行われる脱毛ですが、レーザーの出力を間違ってしまうと火傷や腫れ、赤みなどが起こることも考えられます。しかし、医療機関で行われているためトラブルがあった場合にはすぐに診察を受けて、治療することができるようになっています。

安全性の高いレーザー脱毛の選び方

肌トラブルをできるだけ避けて、害のない安全なレーザー脱毛を行いたいという場合には、医療機関の選び方が重要となってきます。
安全性を重視した選び方の一つの基準になるのが、厚生労働省が認めた機械を使っているかということです。厚生労働省では高い安全基準を設けていて、それをクリアしている医療用脱毛器であればしっかりした安全性が期待できます。
また、できるだけ大手のクリニックを選ぶというのもポイントです。大手ということはそれだけ患者数が多く、脱毛を行っている経験が高いということです。経験が豊富な医師に行ってもらえるというのは、安心できる点と言えます。
そのほか、きちんとカウンセリングしてくれるか、などにも注意して選びます。